最新ニュース

ゼラチンを紡糸しました!!

ゼラチン(豚由来)の紡糸を行いました。ゼラチンは生分解性、生体適合性をもち細胞培地や創傷被膜材、創傷治癒など医療分野への応用が期待されています。

ハンディ・スピナレットの動画を公開!

短い動画なので、ぜひ見てみてください。 ⇒【ナノファイバー】ハンディ・スピナレット Nanofiber 貸し出しもしておりますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください!

ハンディ・スピナレットのデモ、好評進行中!

営業の福間(ふくま)により ハンディ・スピナレットのデモを全国で展開中です。 大掛かりな装置がなくとも、構想中の材料の紡糸がおこなえるので、 皆様にたいへん興味を持っていただいております。 どうぞお気軽にお声をおかけください。 Tel: 0942-41-2200  福間まで

九州工業大学、大塚研究室による紡糸実験

「紡糸電界の可視化」 の共同研究のため、九州工業大学大学院工学研究院、 大塚研究室から学生さん(竹中佑太朗さん)が紡糸実験に来てくれています。 3月には、電気学会が主催する SAMCON という国際ワークショップで 論文発表もおこなわれる予定です。 がんばってすばらしい発見、発明をしてください!  

北京市創傷骨科研究所

中国、北京市の北京市創傷骨科研究所を訪ねました。 こちらでは、PLGA(ポリ乳酸ヒドロキシ酢酸共重合体)を利用して人工骨の研究を行われています。 当社の NANON も活用していただいています。 【張 静爽 先生とともに】              

天津大学

中国、天津市にある天津大学を訪ねました。 盧教授の研究室では、当社の 電界紡糸装置 NANON を使って、PAN(ポリアクリロニトリル)を素材とした電気触媒の研究をおこなわれています。      

バルーン療法のためのナノファイバー開発

狭くなった血管を押し広げ、心臓の治療などをおこなう場合の「バルーン療法」に使用される ナノファイバー・バルーンのサンプルです。 米国のお客様のところで、当社の NANON を利用して開発が進められています。

発表論文(基礎検討):ホイッピングリージョンに対する溶液・印加電圧の影響

当社と共同研究を行って頂いている九州工業大学の大塚研究室(大塚信也准教授・工学博士)による電気学会での発表論文です。 「エレクトロスピニングにおけるホイッピングリージョン形成に仕様溶液と印加電圧が及ぼす影響に関する基礎検討」と題されています。 KIT_2021_電気学会

ナノファイバー営業部に新しい営業スタッフが加わりました

シンガポールでお寿司を握っていたという異色の経歴の持ち主です。 これから猛勉強!   名前:福間 俊行(ふくま としゆき) 出身:福岡県飯塚市 趣味:世界遺産巡り、ゲーム、漫画 特技:バスケットボール コメント:鮨職人やIT業務といった異業種経験を経て、今年の6月から入社しました。今まで国内外問わずいろんな方とお話す機会があり、そこから得た知識や経験をコミュニケーションをとる一つの手段として活かしていきたいと思っています。