コラーゲン・ヒアルロン酸の紡糸

1. 芯鞘スピナレットを利用する方法

芯鞘スピナレットを利用して、
芯材コラーゲンヒアルロン酸をベースとした水溶液
鞘材PVPなどの合成樹脂水溶液
を使って芯鞘ナノファイバーを紡糸できることが報告されています。

コラーゲンについては、紡糸後の芯鞘ナノファイバーを弱塩基性水溶液で浸漬処理することで鞘材が除去され、ゲル化したコラーゲンファイバー膜だけを取り出すことができます。

ヒアルロン酸の場合は、弱酸性エタノール水溶液などで浸漬処理することで、ゲル化したヒアルロン酸ファイバーだけを取り出すことができます。


引用: https://www.nature.com/articles/s41598-018-24700-9
     日本特許,特許公報, 「ハイドロゲル繊維の製造方法」特許第6521738号

合成樹脂の混合液を作る方法

コラーゲンヒアルロン酸合成樹脂の混合溶液を作ると、1本の複合繊維を得ることができます。

混合する樹脂は、PEOPVAなどの生体適合性の高いものの利用が多く見られます。