NW-103

不織布電界紡糸装置
NW-103

PLC制御搭載。
パイプ/マルチジェットノズルで高速・高均一性の紡糸を実現

NW-103は不織布紡糸に特化した装置で、PVDF, PAN, PVAなどのさまざまな材料を使って繊維径数十nm~数μmのファイバーを電界紡糸法により紡糸します。

主な特長

  • 850mm幅のベルトにナノファイバーを高速紡糸
  • ノズルを4列のレールに配置することで前回より有効幅が広くなり、
    最大850mm幅(有効幅680mm)の膜を高速で紡糸します。
  • PLC制御でRoll to Rollユニットなど接続が簡単
  • PLC(Program Logic Controller)制御を新たに搭載したことで、お客様とのインターフェースがより簡単になりました。
    例)お手持ちのRoll to Rollユニットを接続し、PLCで簡単に操作可能です。
  • 材料によってパイプノズル/マルチノズルを選択可能
  • 溶液に応じた穴数のパイプノズルまたはマルチジェットスピナレット(MJS)を使い分けることで、さまざまな材料を紡糸することができます。
  • 左右のトラバース、ノズルの上下機構を自由に設定可能
  • 左右のトラバースの可動範囲や振動速度、ノズルの電動上下動の値を自由に設定でききます。
  • 100μm以上の膜厚を実現
  • コレクター(コンベヤベルト)に-10kVのマイナス高電圧を印加することにより、膜厚100μm以上の不織布を作製することができます。(特許取得済み)
  • 生産機としも利用可能
  • 当システムとRoll to Rollユニット、環境制御機などを組み合わせることで、スタンドアローン機としても 生産機としてもお使い頂くことができます。
  • 徹底した安全対策と高い操作性
  • 高圧印加時のインターロック、ドアロック、強化ガラス、瞬時の高電圧ディスチャプレフィルター、非常停止スイッチなどを備え、安全操作に配慮しています。
    また、オペレーションユニット(タッチパネル)で紡糸に関する様々な値を簡単に入力して運転することができます

NW-101 システムブロック図

仕様・性能

使用目的 研究開発またはパイロット生産
主な作製物 不織布 ベルト850mm / 有効幅680mm
スピナレット パイプノズル、マルチジェットスピナレット(MJS)
(溶液や条件により穴数、数量、配置を変更可能)
ギアポンプ 吐出量: 50~500ml/hr
溶液粘度: 100~5000mPa・S
*3台搭載可能
標準コレクター
(コンベヤベルト)
850mm 幅 x 0.2mm 厚 x 4.1m 長
材質: SUS304
速度: 最大 10m/min
オプションコレクター
(Roll to Rollユニット)
最大幅: 600mm
最大直径: φ250mm
最長距離: 50m
基材残量センサー
テンション検出ポテンショメータ
基材蛇行センサー
制御 PLC / タッチパネル
紡糸距離 100~300mm ※電動上下動可能
高圧電源(正極性) 電圧: 0.0kV~40.0kV
電流: 0.0 ~ 100.0μA
最長距離: 50m
*3台搭載可能
高圧電源(負極性) 電圧: 0.0kV~-10.0kV
電流: 0.0 ~ -300.0μA
トラバース 可動範囲:100mm(±50mm)
振動速度 0~100mm/sec
コンベア速度 最大 5m/min
安全装置 高電圧インターロック
ドアロック
非常停止ボタン
高圧表示灯
排気センサー
強化ガラス

一般定格

温度 10~40℃
湿度 30~60% (結露のないこと)
定格電圧 AC90~132V または 198~242V
50Hz/60Hz
消費電力 1.0kW 以下
外形寸法 3,260 × 1,690 × 2,000 mm (当社Roll to Roll含む)
4,035 × 1,690 × 2,000 mm (当社Roll to Roll含まず)
重量 1.2t 以下